フロアコーティングによって、生活が豊かになる

部屋が明るくなる

明るいリビング

阪神淡路大震災から既に20年が経過しました。
都市型地震として多くの建物が倒壊しました。
昭和56年以降に建設された住宅にも損壊した住宅が多く見受けられました。
当時の建築基準法では壁の位置などに規制が無かったため偏りがあったりして損壊したようです。
東日本大震災を契機に安全安心がキーワードになっています。
今後も東南海や首都直下型の地震が予測されるため構造を強化するリフォーム工事が増加しています。
構造の強化に合わせて内部についても一篇いリフォームする場合には床のフローリングやインテリアなどを替えることによって住まいの雰囲気が大きく変わりますので、リフォームの設計段階にはショールームや展示場を見て回ることが必要です。

住まいのリフォームをする場合は今後のライフスタイルを考えて工事を依頼することが重要です。
床のフローリングについてはもしペットとして犬や猫を飼っているのであれば滑りにくし材質のものを選ぶ必要があります。
汚れの目立たないそして汚れても手入れのしやすい色や材質のものにします。
インテリアは雰囲気を大きく替えることが出来ます。
折角リフォーム工事をお金をかけてやるわけですから新居に住むような感じにすることは重要だと思います。
床や壁だけではそれほど雰囲気が変わりませんので、カーテンや照明等のインテリアで工夫をすることは大事なことです。
照明については省エネでLEDにするわけですが、最近は種類が増えてインテリアとしても満足のいくものが選べるようになりました。